二次会の結婚写真もプロに注文して撮影

結婚式当日、メイクや挙式のリハーサルから結婚写真の撮影は始まる。場合によっては当日はウエディングドレスとカラードレスしか着ないから前もって和装別で撮影することも多いだろう。私の友人も、和装は写真だけロケーションして撮影したという夫婦が多い。もちろん自分たちの記念になるので、ロケーションに費用をかけるのは間違っていないが、せっかくカメラマンや衣装に費用をかけるのならば、ゲストみんなと写真が撮りたいと私たち夫婦は考えた。

そして、和装やロケーションでの前撮りではなく、当日の二次会にプロカメラマンをお願いした。挙式と披露宴は会場の都合から人数が限られ、仕事関係のゲストが多かったので友人が少なかった。

そこで二次会にしか招待できなかった友人との写真もたくさん撮ってもらおうと考えた。二次会となると立食で友人たちは自由に行き来しているので、誰かカメラマンがいないと写真がまとまって手元に残らないとも考えたからだ。個人的なカメラを誰かに頼んでしまうとそのゲストは常に写真を撮っていなくてはならなくなってしまい、せっかくの二次会を楽しんでもらえない。だったらそこに費用をかけて結婚写真としてプロのカメラマンにお願いしたのだ。結果、とても良かったと思っている。友人のカメラで撮ってもらった写真もあるが、皆が撮っていないような、ゲストだけの写真もたくさん撮ってもらうことができた。特に、披露宴からヘアチェンジしたこともあり、二次会のドレス姿をしっかり結婚写真として残せたのが嬉しかった。挙式や披露宴と違い、親しい友人たちと、普段と同じようにリラックスしている二次会の写真は友人では撮ってもらえなかっただろう。結婚式は衣装や料理、会場費など様々なところに費用がかかるが、どこに重きをおくのかを夫婦二人でしっかり決めて絞れる部分はしぼり、こだわる部分にはしっかりと費用をかけるかけることでより、いい思い出の結婚式ができると思う。とくに我が家の場合の二次会写真については自分の素直な笑顔も撮ってもらうことができていたので本当に費用をかけて良かったと思っている。最初の打ち合わせの時点では二次会までプロのカメラマンが入ることはあまりないとのことから、無駄になるか悩んだが、本当にいい写真を撮ってもらうことができたので良かった。強いていえば、披露宴でも二次会でも、ゲスト全員が一緒に写っている写真が欲しかったと思っているが、一枚ずつは全員写っているので良かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*