結婚写真と成人式の写真とでは違っていた

フォトスタジオで本格的な一眼レフカメラを使ってでの撮影日を前日に控えているにも関わらず、私は特にこれといってドキドキしたり、緊張をするということもなく、平然といつもと何の変わりのない時間を過ごしていたのは、それまでにフォトスタジオでの写真撮影の経験をしたことがあったからでした。これは4年前、私が旦那さんと一緒に行う、結婚写真の撮影を前日に控えていたときのことです。私は20歳を迎えた成人式のときに、フォトスタジオを利用して、本格的な写真撮影を行っていただいたことがあったため、フォトスタジオでの撮影だからといって、それに対してあまり興味というものがなく、単に旦那さんとの結婚写真を残すことができればいいなというくらいにしか考えていませんでした。そうした気持ちのままに迎えた結婚写真の撮影当日、私はこの結婚写真の撮影というものが、成人式の写真の撮影とは大きく違っているということを、この身を通して実感してしまったのです。それは、成人式の写真の撮影では行わなかったことが、いくつかあったからでした。まず何よりも違ったのは、モデルが私1人ではなく、旦那さんも一緒だということです。これは、知らされるでもなく当たり前の話ですが、人が隣にいることによって不思議と心が落ち着くもので、成人式のときに撮影をしていただいたときよりも、カメラ対して自然な表情を向けることができていたと思います。

そして、モデルが2人いることから、そのポージングも大きく変わってくるもので、1人で行った成人式の撮影にはありえなかった、旦那さんに手を引かれているポーズや、旦那さんに肩を抱かれているポーズ、私が旦那さんの頬にキスをしているポーズなど、これから2人で生きていくという重さを、ひしひしと感じることができました。

また、その仕上がった写真を比べて見てみても、成人式の写真では、1人で凛とした表情をして写っていましたが、結婚写真では旦那さんの隣にいることから、それに完全に安心しきっているような、和やかな表情をしていて、それはまるで別人にも見えてしまうほどだったのです。私はフォトスタジオを利用して、成人式の写真の撮影と、結婚写真の撮影との2つを経験しましたが、これには大きな違いがあるものでした。初めて行った結婚写真の撮影は、旦那さんの存在のおかげで、大いに心が落ち着くものであり、幸せというものを身体全体で感じることができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*